JUSTY Inc.

光関連装置と部品、研究開発のための装置と部品の販売

Optics and R & D Equipments

IRセンサーカード Cascade Laser Corporation

IR センサーカード



IRセンサーカードは、ラミネートされた透過型または反射型のセンサースクリーンであり、最も一般的に使用されている基本的なセンサー製品です。蛍光体層は透明プラスチックの間にラミネートされており、広範囲の近赤外線検出およびイメージングアプリケーションに対応します。

0.7〜1.6ミクロンの近赤外範囲のレーザーに当たると、蛍光体は640 nm(濃いオレンジ色)の波長で発光し、人間の目に見えるようになります。
暗い部屋での表示に必要な最小強度は3 uW / cm2です。通常の室内照明では、100 uW / cm2が表示に必要です。
解像度は3 Lp / mmです。(mmあたり3行)。

連続波レーザーの最大出力密度は500〜700 mW / cm2です。
レーザーがパルスの場合、カードへの損傷を回避するためにパワー密度を計算する必要があります。


カード全体のサイズは63.5mm x 101.6mm (2.5 "X 4")で、アクティブ領域は50.8mm x 50.8mm (2 "X 2")です。
 

近赤外線センサーカード、反射型


IRセンサーカード、反射型

アイテム番号:IRSCQ42R

赤外線センサーカードは、透過型または反射型のラミネートされたセンサースクリーンであり、最も一般的に使用されている基本的なセンサー製品です。蛍光体層は、広範囲の近赤外検出およびイメージングアプリケーションのために、透明なプラスチックの間にラミネートされています。

このような反射センサーは、すべてのレーザーエネルギーを反射するので、カードの前面でのみ発光を見ることができます。

0.7〜1.6ミクロンの近赤外範囲のレーザーに当たると、蛍光体は640 nm(濃いオレンジ色)の波長で発光し、人間の目に見えるようになります。

暗い部屋での表示に必要な最小強度は3 uW / cm2です。通常の室内照明では、100 uW / cm2が表示に必要です。
解像度は3 Lp / mmです。(mmあたりの線)。

連続波レーザーの最大出力密度は500〜700 mW / cm2です。レーザーがパルスの場合、カードへの損傷を回避するためにパワー密度を計算する必要があります。

カード全体の寸法は63.5mm x 101.6mm (2.5 "X 4")で、アクティブ領域は50.8mm x 50.8mm (2 "X 2")です。

IRセンサーカード、透過型

IRセンサーカード、透過型

赤外線センサーカードは、透過型または反射型のラミネートされたセンサースクリーンであり、最も一般的に使用されている基本的なセンサー製品です。蛍光体層は、広範囲の近赤外検出およびイメージングアプリケーションのために、透明なプラスチックの間にラミネートされています。

このような透過型センサーは、エネルギーの一部が蛍光体を通過できるようにするため、画像はカードの裏側だけでなく表側でも見ることができます。

0.7〜1.6ミクロンの近赤外範囲のレーザーに当たると、蛍光体は640 nm(濃いオレンジ色)の波長で発光し、人間の目に見えるようになります。

暗い部屋での表示に必要な最小強度は3 uW / cm2です。通常の室内照明では、100 uW / cm2が表示に必要です。
解像度は3 Lp / mmです。(mmあたりの線)。

連続波レーザーの最大出力密度は500〜700 mW / cm2です。レーザーがパルスの場合、カードへの損傷を回避するためにパワー密度を計算する必要があります。

カード全体の寸法は63.5mm x 101.6mm (2.5 "X 4")で、アクティブ領域は50.8mm x 50.8mm (2 "X 2")です。