JUSTY Inc.

光関連装置と部品、研究開発のための装置と部品の販売

Optics and R & D Equipments

MgO:PPLN 結晶

Covesion Ltd
email: sales@covesion.com web: www.covesion.com

MgO:PPLN for efficient wavelength conversion
  

効率的な波長変換のためのMgO:PPLN

Covesion Ltdは、定期的にポーリングされたニオブ酸リチウム(PPLN)材料の英国メーカーです。マグネシウムがドープされた定期的にポーリングされたニオブ酸リチウム(MgO:PPLNまたはPPMgO:LN)および非ドープPPLNを含みます。
PPLNおよびMgO:PPLNは、460 nm〜5100 nmの範囲で高効率の波長変換を行う非線形光学結晶です。当社独自のPPLNポーリングプロセスは、4.5μm〜33μmの高忠実度グレーティング周期を作成し、大量生産に最適です。
既製の水晶とカスタム水晶を提供します。R&D要求から大量のOEM設計まで。 PPLNエンジニアの私たちのチームは、お客様のアプリケーションに適したソリューションを見つけるのを支援するために、技術的なコンサルティングとアドバイスを提供します。
Covesionの光学エンジニアは、さまざまなPPLNクリスタルクリップ、オーブン、温度コントローラー、および取り付け用アクセサリーを設計し、光学配置に簡単に統合できる完全なPPLNシステムを提供しています。
科学研究またはプロトタイプ開発用のPPLNシステムを構築している場合でも、Covesionは、レーザー構成との迅速かつ簡単な統合のために設計された完全なPPLNソリューションを提供します。

5%酸化マグネシウムをニオブ酸リチウムに追加すると、高い非線形係数を維持しながら、結晶の光学抵抗とフォトリフラクティブ抵抗が大幅に増加します[1]。 これにより、同様のドープされていない結晶よりも、可視波長での安定した動作と低温動作が可能になります。 MgO:PPLNは、室温と同じくらい低い温度で、場合によっては、温度を安定化せずに操作できます。 周囲温度から最高200°Cまでの温度で、MgO:PPLNは、ドープされていないPPLNよりも大幅に広い波長動作を提供します。
赤、緑、青の生成と高出力中赤外動作用に特別に開発された、当社独自のMgO:PPLNポーリングプロセスは、4.5μm〜33μm+の高忠実度期間を提供し、大量生産に最適です。 以下に示すように、MgO:PPLNドメインはサンプルの厚さ全体に分極され、最大の光学的開口を提供します。

当社のMgO:PPLN結晶は、一般的なレーザー波長の広い範囲で動作するように設計されています。 既製の各デバイスには、柔軟な温度と波長で動作する複数の回折格子が含まれています。 MgO:PPLNは、30-200°Cの広い動作温度範囲を持っています。
クリスタルの長さは、短パルスフェムト秒レーザーの場合0.3mm〜1mm、ns〜CWシステムの場合10mm〜40mmです。 当社の標準的な水晶は、クリップで取り付けられた状態で供給されます。 ご要望に応じて、水晶の長さ、厚さ、ARコーティング、回折格子のカスタム設計も可能です。



MgO:SHGのPPLN:可視および近赤外波長

第二高調波発生
可視および近赤外波長へのIRレーザーの高効率SHG
0.5mmおよび1.0mmアパーチャー
ダブルARコーティング
 

応用
グリーン、ブルー発生
科学、メディカル
周波数コム安定化蛍光顕微鏡
当社のSHG MgO:PPLN結晶は、幅広い一般的なレーザー波長で動作するように設計されています。 各デバイスにはいくつかの回折格子があり、異なる温度での位相整合を可能にします。 可視波長デバイスには、通常30〜110°Cの公称ポンプ波長の位相整合用に設計された5つのグレーティングが含まれています。 最大200°Cの温度に調整すると、より長い波長に位相を合わせることができます。
当社のすべての製品は、厳格な品質検査を受けており、クリップで取り付けられた状態で供給されます。 ご要望に応じて、水晶の長さ、厚さ、ARコーティング、回折格子のカスタム設計も可能です。

MSHG1064の計算された温度と位相整合の波長調整曲線


 

MgO:PPLN for OPO, DFG and SFG

MgO:PPLNの広い透過範囲と重要でないウォークオフ角度により、この材料は中赤外域全体の波長を生成するのに理想的です。
当社の標準設計レイアウトに基づいて、MgO:PPLN OPO、DFG、およびSFGクリスタルは、1064 nm、調整可能な775 nmおよび1550 nmの一般的なポンプ波長で動作するように設計されています。 当社のOPOおよびDFGクリスタルは、近赤外から中赤外の4.5μmを超える広い連続的なチューニング範囲をカバーしていますが、SFGクリスタルは、調整可能なグリーン生成用に設計されています。
当社の水晶は品質検査を受け、既製で供給されます。 当社のクリスタルはARコーティングとクリップマウントされており、オーブンやコントローラーですぐに使用できます。

光学パラメトリック発振/生成
1064nmポンプ光源からの幅広い調整が可能な中赤外域†DFGにも適しています
温度調整30-200°C
0.5mmおよび1.0mmの開口部で利用可能
マウントおよびトリプルバンドARコーティング

応用
Mid-IR 分光
環境モニタリング
LIDAR

 

差周波発生   Difference Frequency Generation

固定の1064nmと調整可能な775nmポンプソースからの波長を混合し、調整可能な2400 – 3000nm出力を実現
温度調整30-200°C
0.5mmおよび1.0mmの開口部で利用可能
マウントおよびトリプルバンドARコーティング

応用
Mid-IR 分光
環境モニタリング
LIDAR

 

Sum Frequency Generation

固定の1550 nmと調整可能な780 nmまたは810 nmのポンプソースを組み合わせて、調整可能な緑の波長を提供
0.5mm開口
マウントおよびトリプルバンドARコーティング

応用
1550 nmからのカスケードTHG
量子光学

 

Custom MgO:PPLN for R&D to high-volume OEM

Covesionポーリングテクノロジーは、ユニークなPPLN結晶の設計と製造に多目的な基盤を提供します。当社のカスタム設計および製造サービスは、専門の回折格子設計および委託製造とのアプリケーション固有の技術コンサルティングを提供し、ターゲットのレーザーシステムに合わせた波長変換ソリューションを提供します。私たちは、次のようなさまざまなカスタムデザインパッケージを提供しています。
単発の結晶
OEMプロトタイピング
大量生産
ストック結晶がお客様の要件を満たしていない場合、当社のエンジニアリングチームがお客様の相互作用に最適なクリスタルソリューションを見つけることができます。当社のカスタム製作サービスには、完全な格子レイアウトの設計、マスク設計、ウェーハポーリング、ダイシング、研磨、ARコーティングに関するお客様との協議が含まれます。
カスタム結晶は、標準のCovesionマルチグレーティングレイアウトで設計できるため、当社の温度制御システム、またはOEMレーザーシステムにカスタマイズされた独自の独自の設計を引き続き使用できます。
コンパクトなキャビティ内設計の場合は1 mm3未満の単結晶を製造できます。高出力アプリケーションの場合は、結晶の長さが長い数ミリメートル幅の開口格子を製造できます。

より特殊な相互作用のためのマスクの可用性
  すべての結晶デザインには、ニオブ酸リチウムウェーハのパターン化に使用される独自のマスクがあります。 お客様のご要望に応じて、これらのマスクを使用して、より多くの結晶をカスタマイズされた長さとコーティングにすることができます。 場合によっては、これらのより特化したクリスタルの一部を在庫で入手できる場合があります。



 

MgO:PPLN 応用

Covesion PPLNデバイスは、レーザーの効率的な周波数変換用に設計されており、従来の固体レーザー、ダイオードレーザーなどでは実現できない波長に到達できます。
たとえば、PPLNを使用して次のことができます。
周波数は1064nmレーザーの2倍から532nmに、グリーンレーザーポインターに使用される技術
1064nmを3μmに変換し、ガス検出または顕微鏡イメージング技術に使用
レーザーの冷却とトラップのために特定の原子遷移をターゲットとする狭い線幅のレーザー光源を生成します。
また、PPLNは、Ti:Sapphireレーザーの低コストでコンパクトな代替品として、高出力の調整可能な1550nmファイバーソースの周波数を倍にするためによく使用されています。 このような線源は、生細胞イメージングのための顕微鏡システム、または国土安全保障アプリケーションのために化学指紋を識別することができるテラヘルツ時間領域分光法で使用できます。

PPLNデバイスは一般に、光パラメトリック発振器の高出力中赤外生成に使用されます。 調整可能な中赤外システムは、広範囲の顕微鏡イメージング技術や、環境イメージングのための分光アプリケーションで使用されます。 パルスエネルギーが1mJを超えるため、これらの中赤外光源は、防衛産業でレーザー対策やLIDARシステムにも使用されます。

PPLNデバイスは一般に、光パラメトリック発振器の高出力中赤外生成に使用されます。 調整可能な中赤外システムは、広範囲の顕微鏡イメージング技術や、環境イメージングのための分光アプリケーションで使用されます。 パルスエネルギーが1mJを超えるため、これらの中赤外光源は、防衛産業でレーザー対策やLIDARシステムにも使用されます。

フェムト秒レーザー
THz 発生
計量学
周波数コム安定化

グリーン レーザー
レーザー プロジェクター  
海底調査

ディフェンス
レーザー  
ガス検出
LIDAR

Bio フォトニクス
CARS 顕微鏡
蛍光ベース顕微鏡
DNAシーケンス

量子光学
量子コンピューティング
精密ナビゲーション装置

航空宇宙
環境モニタリング リモートセンシング
干渉