JUSTY Inc.

光関連装置と部品、研究開発のための装置と部品の販売

Optics and R & D Equipments

  • HOME
  • 光関連製品
  • Off-Axis ビームエクスパンダー Space Optics Research Labs, LLC.

Off-Axis ビームエクスパンダー Space Optics Research Labs, LLC.


Off-Axis ビームエクスパンダー

SORLのCOARシリーズレーザービームエキスパンダーは、OFF-AXIS、アフォーカルダルカーカム設計を採用しており、コリメートされた入力ソースの遮るもののない正確な無彩色拡張を提供します。同様に、ビーム圧縮を提供するために逆に使用することができます。

2〜100の出力から250 mmまでの出力ビーム径の拡張比を持つモデルのバリエーションを提供しています。モデルの仕様を表示するには、カタログビームエキスパンダーモデルをクリックするか、カスタムビームエキスパンダーワークシートをクリックして、カスタムモデルの指定に関する情報を参照してください。

軸外反射型レーザービームエキスパンダー-COARシリーズ 

モデル 
 

倍率 
 

入力径
(mm)

出力径 
(mm)

2 x 25 

2倍 

25 

50 

3.3 x 05 

3.3倍 

16.5 

4 x 25 

4倍 

25 

100 

4 x 37.5 

4倍 

37.5 

150 

5×20 

5倍 

20 

100 

10×10 

10倍 

10 

100 

10×15 

10倍 

15 

150 

10×25 

10倍 

25 

250 

15×10 

15倍 

10 

150 

20 x 05 

20倍 

100 

25 x 04 

25倍 

100 

35 x 04 

35倍 

140 

50 x 03 

50倍 

150 

75 x 02 

75倍 

150 

100 x 015 

100倍 

1.5 

150 

以下の情報をお知らせください。
波長
入力ビーム径
倍率
パワーレベル(w / cm2
パルスの場合、
パルス幅
633nmでの波面精度
出力ビームの発散
コーティング
環境
 

注文情報の例:

注文番号:COAR 2x25Q

COAR =軸外ビームエキスパンダー
2 = 2 X 倍率
25 =mm単位の入力直径

特徴:

すべてのCOARには、超低熱膨張セラミック主鏡とセラミック/金属副鏡が備わっています。2次ミラーの外部集束制御と1次ミラーの傾斜調整により、入力ビームまたは出力ビームの集束を制御し、波面プロファイルを微調整できます。凸面のセカンダリは、高出力アプリケーションで共通の問題である内部集束を排除します。すべての光学コンポーネントはコーティングされており、システムの平均透過率は96%です。

高い波面整合性が望まれる可視および近赤外レーザーを含むアプリケーション向け。ここで、主ミラーはλ/ 10面精度(λ= .63281ミクロン)で計算され、高品質のセカンダリミラーに干渉法で位置合わせされて、λ/ 5システムの波面を提供します。フォーカシングおよびチルト調整コントロールが提供されます。完全な干渉データは各ユニットに付属しています。 

 

空冷、可変焦点(VF)

標準の空冷可変フォーカスラインは、1λシステムの波面(λ= .6328ミクロンでテスト済み)を提供し、3μmを超えるすべての波長で回折限界のパフォーマンスを提供するように設計されています。高効率の光学コーティングが施されたセラミック光学素子は、10.6ミクロンで最大50W/ CM2 CWのレーザーエネルギー密度に耐えるように設計されています。
 

水冷式可変焦点(WVF)

10.6 umで50W/ cm2 CWを超えるエネルギー密度を必要とするアプリケーションでは、熱の考慮とレーザー損傷が重要です。SORLの標準品質の水冷エキスパンダーは、空冷ラインのセラミック副鏡を水冷OFHC銅鏡に置き換えることでこの要件を満たしています。銅の高い熱伝導率により、中出力のCO2レーザーを問題なく動作させることができ、エネルギーはハウジングを介して散逸します。200W/ cm2 CWを超えるエネルギー密度または拡張された動作条件のアプリケーションでは、水冷によりユニットのアプリケーションがさらに必要です。これらのユニットは、1λの波面(λ= .6328 um)、およびフォーカス/チルト調整を提供します。

 

水冷(WC)

高い波面整合性を必要とする強力なアプリケーションでは、高品質のλ/ 5システムの波面(.6328 umでテスト済み)が水冷モデルで提供されます。インターフェログラムはすべてのユニットに付属しています。

 

オプション

可変倍率(VMAG)

適切な焦点距離を持つ追加のセカンダリミラーを導入することにより、所定のユニットの倍率を、設計された比率の小さな範囲内で調整できます。たとえば、COAR 10 X 10は、この方法で変更して、5と15のパワー拡張比を提供することもできます。このオプションを使用すると、システムの波面精度の低下が観察されますが、ビームのエネルギー密度を「微調整」する場合、これは望ましい機能であることがよくあります。SORLは、お客様のアプリケーションについて説明し、お客様の要件を満たす追加の事前マウントされたセカンダリミラーを提供します。

空間フィルタリング

フィルタリングされていないビームを使用するアプリケーションでは、空間的にフィルタリングされた軸外反射エキスパンダーの限られたラインが提供されます。凹面のセカンダリーを使用して内部フォーカスを生成し、この時点でピンホールを配置して出力ビームの均一性を向上させます。4つのモデルが提供されます。セラミック光学系、精密取り付け、マイクロメーター調整により、フォーカスを微調整できます。

 

カスタム要件

お客様のアプリケーション要件を喜んで見積もります。