JUSTY Inc.

光関連装置と部品、研究開発のための装置と部品の販売

Optics and R & D Equipments

波長板 製品コード OptiSource, LLC

 

製品コード:

製品コードには、次の頭字語が含まれますが、これらに限定されません。
QWPO:ゼロオーダー波長板この製品の最終的な厚さは約1 mmです。
QWPM:マルチプルオーダー波長板 最終製品の厚さは250μmを超え、通常は500マイクロメートルです。
UTWP:「超薄型-波長板」–この波長板は、すでに説明したQWPOまたはQWPM製品と同様に水晶で作られていますが、名前が示すように、波長板の最終的な製造厚さを示します。
この波長板の厚さは、100μm未満です。

QWPL:「水晶波板-低次」 この製品の最終的な厚さは100〜250マイクロメートルです。
QWPD:「デュアルオーダー波長板」は、波長板をダイクロイックアプリケーションで使用できることを意味します。これらは、特定のレーザーラインの高調波(すなわち、1064/532)、または各波長での所望のシフトが望ましい非高調波(すなわち、773/515)になります。設計上、両方の波長で適切なリターデーションが許可されていない場合、ある波長または別の波長でリターデーションを優先するように求められる場合があります。
ASQWPO:「エアスペース型水晶波板-ゼロオーダー」とは、ゼロ次コンポーネントが両側でコーティングされ、2つの要素間に小さなエアギャップを提供するマウントに組み込まれていることを意味します。ASQWPOシステムは、標準の接触型QWPOが使用中の熱サイクルにより剥離したり、パフォーマンスの問題を示したりする可能性のある高出力アプリケーションに推奨されます。
ACWP:「アクロマティック波長板」– OptiSourceは、より広い帯域幅で正確な偏光を必要とするアプリケーション向けのリターデーションソリューションとしてアクロマティック波長板を提供します。ACWP製品ラインでは、水晶スペクトルの1つの要素とフッ化マグネシウムの1つの要素を使用して、各スペクトル領域の規定の仕様を実現しています。アクロマティック波長板は、セメントまたはエアスペースのコンポーネントとして利用できます。


直径コード

直径コードは、コード10が直径1インチに等しい1インチに対する直径の値です。08のコード値は0.787インチ(20 mm)です。

コード

実際の直径(in)

実際の直径(mm)

06

0.58

15

08

0.79

20

10

1.00

25.4

12

1.18

30

15

1.5

38.1

20

2.0

50.8

スタンダードの波長 (nm)
         
248.0 257.0 266.0 308.0 354.7
400.0 405.0 488.0 514.5 532.0
632.8 670.0 694.3 780.0 800.0
810.0 1030.0 1047.0 1053.0 1064.0
1315.0 1319.0 1550.0 ———- ———-
 

リタデーション コード:

遅延コードは、1 /遅延値の値です。四分の一波長板はλ/ 4、半波長板はλ/ 2、八分の一波長板はλ/ 8です。

コード

遅滞

音声

2

λ/ 2

半波長

4

λ/ 4

四分の一波長

8

λ/ 8

八分の一波長

1

λ

全波長

マウントコード:

マウントコードは、上記の直径コードと同様に説明されています。

コード

実際の直径(in)

実際の直径(mm)

06

0.58

15

08

0.79

20

10

1.00

25.4

12

1.18

30

15

1.5

38.1

20

2.0

50.8

一般的な波長板の仕様

標準厚さ範囲:  製品に依存する
透過波面歪み:  クリアアパーチャでλ10@ 632.8nm
表面品質:    クリアアパーチャで10-5
平行度:     0.5秒
クリアアパーチャ–  中心寸法の85%
遅延公差:   λ/ 100 –λ/ 600 標準–波長依存性の
損傷閾値:   1MW / cm2(CW)、10J / cm2 10nsパルス
材料:     合成単結晶石英
コーティング:  AR「V」コート。表面BBARコートあたりR <0.25%; 表面あたりR avg≤0.50%
波長板は、コーティングされたコンポーネントまたはコーティングされていないコンポーネントとして注文できます。波長板がマウントされているかアンマウントされているかを指定してください。