JUSTY Inc.

光関連装置と部品、研究開発のための装置と部品の販売

LASER and Optical Instruments

  • HOME
  • レーザー
  • ブロードバンド光源モジュール/ブロードライター SUPERLUM

ブロードバンド光源モジュール/ブロードライター SUPERLUM

 

ブロードバンド光源

SUPERLUM
製品には、より大きなシステムへの統合を目的としたコンパクトな光源モジュールと、産業および研究室での使用のために開発されたベンチトップ機器の両方があります。さまざまな設計により、SLDモジュールのアナログまたはデジタル制御が可能です。すべてのソースには、安定した信頼性の高いパフォーマンスを提供するために、高精度の駆動エレクトロニクスが統合されています。すべてのソースはRoHSに準拠しています。

 

製品シリーズ

 

 

新着!
SLD-uCS

SLD-uCSシリーズ超小型ブロードバンド光源モジュール。
アナログSLD制御を備えた超コンパクトなシングルSLDブロードバンド光源。 9-30 V DC電源。10 kHz SLD変調。切り替え可能なSLD制御モード(ACC-APC)。駆動電流が300 mAを超えない限り、SuperlumのSLDに基づいて構築できます同じコネクタ/ピン配列およびコントロール、および60 x 79 mmのフットプリントを備え た小型バージョンのSLD-mCS光源モジュール。

SLD-mCS

SLD-mCS、sCSシリーズのミニチュアブロードバンド光源モジュール。
アナログSLD制御を備えた小型のシングルSLDブロードバンド光源。SLD-MSの後継モデル。9-30 V DC電源。50 kHz SLD変調。切り替え可能なSLD制御モード(ACC-APC)。駆動電流が400 mAを超えない限り、SuperlumのSLDに基づいて構築できます。

SLD-sCS

SLD-CS

SLD-CSシリーズのコンパクトな高出力ブロードバンド光源モジュール。
アナログSLD制御を備えたコンパクトなシングルSLDブロードバンド光源。 9-30 V DC電源。50 kHz SLD変調。カプラ、光アイソレータかさばる 850 nmの ものを含む)などの追加コンポーネントを統合できます。 強力なSLD光源に推奨されます。標準としてのAPC SLD制御、要求に応じて切り替え可能なACC-APC。異なる中心波長で最も強力なSLDに基づいたバージョンが標準として利用可能です。 駆動電流が400 mAを超えない限り、SuperlumのSLDに基づいて構築できます。

BLM2-D

拡張帯域幅を備えたBLM2-Dシリーズのミニチュアブロードバンド光源モジュール。
非常に広いスペクトルを持つ小型の高出力ブロードバンド光源。 5 V DC電源。PC /ラップトップからのTTL制御またはリモート操作。

cBLMD

拡張帯域幅を備えたcBLMDシリーズコンパクトブロードバンド光源モジュール。
SLDモジュール(USB)のデジタル制御を備えたコンパクトなブロードバンド光源。 12 V DC電源。内部に最大3つのSLD。カプラ、光アイソレータ(かさばる 850 nmの ものを含む)などの追加コンポーネントを統合できます。 SLD制御モード— APCのみ。複数SLDモデルでのパワーとスペクトル幅の最適な組み合わせ。USBポートを介したPC /ラップトップからのTTL制御またはリモート操作。

M-S

MSシリーズBroadlighters。
高出力のシングルSLDベンチトップブロードバンド光源これらの機器は、産業および研究室で使用するために開発されました。これらの光源は、Superlumの最も強力なSLDに基づいています。光絶縁、最大 30 mWの出力。

M-D、
M-T、
M-Q

MD、MT、およびMQシリーズBroadlighters。
拡張帯域幅を備えた複数SLDベンチトップブロードバンド光源。これらの機器は、産業および研究室で使用するために開発されました。20 mWを超える出力、最大 200 nmのスペクトル幅など。

 

SLD-uCS-シリーズ ウルトラ コンパクト ブロードバンド光源モジュール

SLD-uCSシリーズのウルトラコンパクトブロードバンド光源モジュールは、広くフラットなスペクトルと短いコヒーレンスを備えた、信頼性が高く、強力で、安定した低ノイズのSLD光源を必要とするアプリケーション向けの、広帯域SMまたはPMファイバー結合光源モジュールです。
高精度の電流および温度コントローラーは、光源内部のSLDモジュールに電力を供給します。
SLD出力は、最大
10 kHzのレートで変調(ON / OFF)できます。
SLD-UCSは、の小型化されたバージョンであるSLD-MCS半分フットプリント。 新しいモジュールは、同じ9〜30 V DC電源電圧を必要とし、スイッチモード電源の使用を可能にします。同じI / Oインターフェイスとコントロール、同じ接続(ピン配列とコネクタのP / N)を備えているため、システムサイズが非常に重要になるアプリケーションSLD-mCS光源を簡単に交換できます。同様にSLD-MCS、 SLD-UCS光源には、光出力用のファイバーピグテールがあり、FC / APCコネクタで終端されています。

SLD-UCSは、の小型化されたバージョンであるSLD-MCS半分フットプリント。 新しいモジュールは、同じ9〜30 V DC電源電圧を必要とし、スイッチモード電源の使用を可能にします。同じI / Oインターフェイスとコントロール、同じ接続(ピン配列とコネクタのP / N)を備えているため、システムサイズが非常に重要になるアプリケーションSLD-mCS光源を簡単に交換できます。同様にSLD-MCS、 SLD-UCS光源には、光出力用のファイバーピグテールがあり、FC / APCコネクタで終端されています。

SLD-uCSデバイスは、駆動電流が300 mA未満で、SLDチップの消費電力が0.7 Wを超えない限り、Superlumの任意のSLDを使用して構築できます

特徴
  • コンパクトなデザイン、60 x 79 mmの設置面積、24 mmの高さ
  • 最大300 mAの SLD駆動電流
  • 幅広い供給電圧レベル(9〜30 V DC)
  • SLD電力の外部または内部制御
  • 自動電流制御(ACC)モード
  • 自動電力制御(APC)モード
  • 10 kHz変調(オン/オフ)
  • 0…+ 50°Cの動作温度範囲(1)
  • 高い安定性、低ノイズ

(1)拡張温度範囲で利用可能

 

ご注文

SLD-uCS光源を 注文する場合は、特に指定がない限り、必要なSLDモジュールのモデル番号の「SLD」の後に「uCS」を追加するだけです。例えば:

  • SLD- uCS -371-HP2-SM –標準のSLD-371-HP2-SMモジュールを内部に備えたSLD-uCS光源、ファイバーピグテール出力
  • SLD- uCS -381-HP1-PM –標準のSLD-381-HP1-PMモジュールを内部に備えたSLD-uCS光源、ファイバーピグテール出力、スロー軸PMFアライメント
 
技術文書
PDF 技術製品仕様(310 KB)をダウンロードPDF(310 KB)



 

SLD-mCS / sCSシリーズ ミニチュア ブロードバンド光源モジュール

SLD-mCS/sCS-シリーズ ミニ ブロードバンド光源モジュールは、ワイド スペクトルSM-またはPM-ファイバーカップル光源モジュールで、ワイド、フラットスペクトルそして短い可干渉距離の信頼性が高く、強力で、安定した、低ノイズSLD光源です。
高精度の電流および温度コントローラーは、光源内部のSLDモジュールに電力を供給します。SLDは 、SLD-mCSSLD-sCSの両方の光源モジュールで最大50 kHz変調(ON / OFF)できます。

SLD-mCS/sCSデバイスは、SLD-MS光源(旧モデル)の後継モデル
安定性、効率、動作範囲、ノイズを低減
駆動電流が400 mAの任意のSUPERLUM SLDを使用できます 電源電圧9 V30 V DC、及びスイッチモードDC電源の使用が可能です。

SLD-mCS はSLD-MS 光源と同じ サイズ(80 × 110 × 26 mm). ただし、非常に高出力のSLDがSLD-mCS光源に統合される可能性があるため、電源コネクタに電力が供給されたときにSLD光出力は自動的にオンになりません(9-30 V DC入力)。放射をオンに切り替えるには、+ 5 V TTL信号を「LOGIC」コネクタの適切なピンに印加する必要があります。SLD-MS と同様にSLD-mCS光源には、光出力用のファイバーピグテールがあり、FC / APCコネクターで終端されています。

SLD-sCS は少し大きいシャーシ (95 × 155 × 29 mm)になります。
これにより、光パワーオーバーシュート保護などの追加の内部保護およびレーザー安全対策を(要求に応じて)追加できます。SLD-sCSにはFC / APCマッチングスリーブがあります。FC / APCからFC / APCへの長さ1 メートルの0.9 mmバッファ付きファイバケーブルは、SLD-sCSに同梱されています。追加の小型光ファイバコンポーネントは、要求に応じてSLD-sCSに統合できます。

特徴

コンパクト設計

SuperlumのSLDに適した、最大400 mAの SLD駆動電流

幅広い供給電圧レベル(9〜30 V DC)

SLD電力の外部または内部制御

自動電流制御(ACC)モード

自動電力制御(APC)モード

50 kHz変調(オン/オフ)

0…+ 50°Cの動作温度範囲(-40…+ 85°Cまで拡張可能)

高い安定性、低ノイズ

SLD-mCS光源を注文する場合、特に指定がない限り、必要なSLDモジュールのモデル番号の「SLD」の後に「mCS」または「sCS」を追加するだけです。例えば:

SLD- mCS -371-HP2-SM –内部に標準SLD-371-HP2-SMモジュールを備えたSLD-mCS光源、ファイバーピグテール出力

SLD- mCS -381-HP1-PM –標準のSLD-381-HP1-PMモジュールを内部に備えたSLD-mCS光源、ファイバーピグテール出力、スロー軸PMFアライメント

SLD- sCS -331-HP1-SM –標準SLD-331-HP1-SMモジュールを内部に備えたSLD-sCS光源、FC / APCソケット

 

技術文書

PDF技術製品仕様書(278 KB)をダウンロードPDF(278 KB)

 

SLD-CSシリーズ コンパクト高出力ブロードバンド光源モジュール

SLD-CSシリーズ コンパクト高出力ブロードバンド光源モジュールは、高出力、光学アイソレート、高安定、SM-ファイバーカップル ブロードバンド光源モジュールです。
スタンダードのブロードバンド中心エミッション波長: 670 nm, 790 nm, 840 nm, 880 nm, 930 nm, and 1050 nm
SLD-CS光源には、選択されたスペクトル帯域で最も強力なスーパールミネセントダイオード、適切な偏光無依存光ファイバーアイソレータ、および高精度の電流/温度コントローラーが組み込まれています。
SLDモジュールは定電力モードで動作します。標準モデルでは、SLDを最大で変調(ON / OFF)50 kHzまでできます。 標準モデルの光出力は、FC / APCコネクタで終端された長さ50 cmのシングルモードファイバに結合されます。
スタンドアロンの卓上光源として簡単に使用でき、顧客のシステムに簡単に使用できます。
ファイバーは
3 mmチューブで保護されています。SLD-CSの設計により、スタンドアロンの卓上光源として簡単に使用でき、顧客のシステムに簡単に統合できます。

アイソレータなしの高出力SLDベースの光源を必要とするお客様には、SLD-CSデバイスのミニチュアバージョンであるSLD- mCSおよびSLD-sCS光源モジュールを検討することを強くお勧めします。

 

特徴

非常に高い出力と広いスペクトル

異なる中心波長- 670 1100nmの

SMF出力(要求に応じてPMF)

広範囲の供給電圧(9 – 30 V DC)

統合された光ファイバーアイソレーター

メインSLDパラメーターと全体的なステータス監視機能

優れた安定性と低ノイズ

50 kHz変調(オン/オフ)

標準モデルの光学特性

SLD-CS光源の光学パラメーターを以下の表に示します。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。

鐘形のスペクトル–ベル形のスペクトル、マルチハンプドスペクトル–マルチハンプドスペクトル。

モデル番号 中心波長(nm) スペクトル幅、FWHM(nm) 出力電力、SM(mW) 光スペクトルとコヒーレンス関数
    最小 タイプ 最小 タイプ  
SLD-CS-261-HP1-SM-670-I 670±10 6.0 7.0 4.0 5.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(52 KB)
SLD-CS-331-HP3-SM-785-I 785±10 40 45 15.0 20.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(37 KB)
SLD-CS-381-HP3-SM-795-I 795±5 13 15 15.0 20.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(41 KB)
SLD-CS-371-HP3-SM-840-I 840±10 45 50 15.0 20.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(39 KB)
SLD-CS-341-HP3-SM-840-I 840±10 20 25 20.0 25.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(45 KB)
SLD-CS-341-HP2-SM-880-I 880±10 30 40 10.0 15.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(44 KB)
SLD-CS-531-HP3-SM-1050-I 1050±10 30 35 15.0 20.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(39 KB)
SLD-CS-541-HP3-SM-1050-I 1050±10 60 70 10.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(43 KB)
物理的仕様

ハウジングの寸法(W× D× H): 190× 110× 31 mm (7.48× 4.33× 1.22インチ)

重さ:950 g

電力仕様

+9〜+30 V DC、1.2 A

技術文書

PDF 技術製品仕様(164 KB)ダウンロードPDF(164 KB)

 

 

拡張帯域幅を備えたBLM2-Dシリーズ ミニチュアブロードバンド光源モジュール


拡張帯域幅 BLM2-Dシリーズミニ ブロードバンド光源モジュールは、中心波長がわずかに異なる2つのSLDの組み合わせに基づく強力で非常に広帯域な光源です。内蔵の安定した信頼性の高いデジタル デュアルチャネルSLD電流および温度コントローラーにより、プッシュボタン、または外部TTL、またはPCのRS-232ポートを介してSLDのオン/オフを切り替えることができます。BLM2-Dソースは、モジュールレベルでの迅速かつ簡単なインストールと、安定した信頼性の高い操作を保証します。
 
特徴

非常に広い発光スペクトル

高い光パワー

ミニチュアデザイン(寸法100× 120× 31 mm)

+5 V DC電源

RS-232およびTTL制御

優れた安定性

低ノイズ

 
標準モデルの光学特性

標準のBLM2-D光源モジュールの主な光学パラメーターを以下の表に示します。標準モデルは、広帯域放射780- 920nm。
光源の柔軟な設計および統合のための利用可能な異なるSLDモジュールの多くは、カスタマイズ光源の多くを設計することを可能にします。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。

bell-shaped spectrum – ベル型スペクトル  multi-humped spectrum – マルチ山スペクトル

モデル番号 中心波長(nm) スペクトル幅、FWHM(nm) 出力電力、SM(mW) 光スペクトルとコヒーレンス関数
    最小 タイプ 最小 タイプ  
BLM2-D-810-B-5 810±10 90 100 5.0 7.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(50 KB)
BLM2-D-840-B-10 840±10 90 100 10.0 12.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(46 KB)
BLM2-D-860-G-5 860±10 70 80 5.0 7.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(39 KB)
BLM2-D-880-B-10 880±10 90 100 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(49 KB)
BLM2-D-880-B-MP 880±10 190 200 1.0 1.5  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(58 KB)
物理的仕様
ハウジング寸法(W× D× H): 100× 120× 31 mm (3.94× 4.72× 1.22インチ)
重さ:400 g
電力仕様
+5 V DC、 3.5 A(最大)
技術文書

PDF技術製品仕様(210 KB)ダウンロードPDF(210 KB)

 

OEM向け cBLMDシリーズ コンパクト ブロードバンド光源モジュール

cBLMDシリーズブロードバンド光源モジュール
高解像度OCTおよびその他のアプリケーション向けのコンパクトで強力かつ非常に広いスペクトルの光源です。標準光源は、異なる中心波長を持つ2つの(-D)または3つの(-T)SLDの組み合わせに基づいています。統合されたSLD電流および温度コントローラの設計により、優れた動作安定性が保証されます。cBLMD-DおよびcBLMD-Tデバイスでは、スペクトル幅と出力パワーの最適な組み合わせを実現するために、各SLDの動作パラメーターが事前に設定されています。標準モデルには、FC / APCマッチングスリーブがあります。cBLMDモジュールは、内部光アイソレータ付きおよびなしで使用できます。アイソレータのないモデルの場合、光フィードバックは-30 dBを超えてはなりません 光学フィードバックレベルが高いと思われる場合は、注文する前にSuperlumの担当者に相談してください。

 

最もブロードバンドで費用対効果の高いソリューションを探しているお客様には、すべてに使用されるdBスペクトル幅ではなく6 dBスペクトル幅によって特徴付けられるUBBシリーズデバイス(ウルトラブロードバンド)に特別な注意を払うことをお勧めし ます。他の光源。UBBシリーズは、スペクトルの平坦性は最大4 dBなる場合があります 光源、それらは超高解像度スペクトルドメインOCTを含む多数のアプリケーションで正常に使用できます。設計目標は、SLDの最小数を組み合わせることで、可能な限り広いスペクトル範囲をカバーすることでした。特に、cBLMD-D-890-UBB-HPには2つのSLDのみが含まれており、組み合わせた場合190 nmの6 dB帯域幅を提供します

2017年から、第2世代のcBLMDデバイスが提供されています。cBLMDのすべての新世代は、前世代との下位互換性があります。

cBLMD設計は、最大600 mA (カスタムモデルでは最大900 mA)のSLD駆動電流が必要な場合、またはSLDのデジタル制御が望ましい場合、単一SLDベースの光源モジュールにも推奨されます

特徴

非常に広い発光スペクトル

高い光パワー

コンパクトなデザイン(190× 110× 31 mmの寸法)

光学的に分離されたモデルが利用可能

+12 V DC電源

USB仮想シリアルポートとTTL制御

SLDパラメータの変更を可能にするPC /ラップトップからのリモートコントロール用のグラフィカルユーザーインターフェイスを備えたコンパニオンソフトウェア

優れた安定性

低ノイズ

インライン光パワーモニターを備えたオプションの光出力オーバーシュート保護-詳細についてはSuperlumにお問い合わせください

オプションの内部可変光減衰器-詳細についてはSuperlumにお問い合わせください


新機能-スペクトル制御ツール

2017年以降、第2世代のcBLMDデバイスから、新しい機能であるスペクトル制御ツールがcBLMD光源コンパニオンソフトウェアに追加されました。このツールを使用して、cBLMD光源の光スペクトルを調整し、顧客固有のアプリケーション要件を満たすことができます。3-SLDモデルのスペクトルの変更を以下の図に示します(詳細については、技術製品仕様PDF(251 KB)を参照してください)。


スペクトル制御ツールを使用した3-SLDモデルのスペクトルの変更。赤い線-工場出荷時の設定(3つのSLDのスペクトル密度のピークはすべて等しい)。青い線-SLD1およびSLD2の電力レベルは、それぞれ60%および30%に設定されています。SLD3の電力レベルは工場設定のままです。

 

標準モデルの光学特性

標準のcBLMD光源モジュールの主な光学パラメーターを以下の表に示します。標準のcBLMDブロードバンド光源には、内部に2つまたは3つのSLDがあります。2つのSLDを含むモデルのタイトルはcBLMD-Dです。 3つのSLDを含むモデルのタイトルはcBLMD-Tです。モデル番号の接尾辞「-I」は、モデルに光アイソレーターが含まれていることを示します。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。

鐘形のスペクトル–ベル形のスペクトル、マルチハンプドスペクトル–マルチハンプドスペクトル
 

モデル番号 中心波長(nm) スペクトル幅、FWHM(nm) 出力電力、SM(mW) 光スペクトルとコヒーレンス関数
    最小 タイプ 最小 タイプ  
2-SLDモデル
cBLMD-D-840-HP-I 840±10 90 100 9.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(46 KB)
cBLMD-D-860-G-HP2 860±10 60 70 15.0 20.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(41 KB)
cBLMD-D-860-G-HP2-I 860±10 60 70 10.0 12.0  鐘形のスペクトル HTML | PDF(39 KB)
cBLMD-D-880-HP-I 880±10 95 100 6.0 7.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(48 KB)
cBLMD-D-890-HP1 890±10 140 150 5.0 6.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(45 KB)
cBLMD-D-890-UBB-HP 890±10 180(6 dB) 190(6 dB) 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(37 KB)
3-SLDモデル
cBLMD-T-850-MP 850±10 155 165 5.0 6.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(55 KB)
cBLMD-T-850-HP 850±10 155 165 12.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(47 KB)
cBLMD-T-850-HP-I 850±10 155 165 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(43 KB)
cBLMD-T-860-HP 860±10 125 135 12.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
cBLMD-T-860-HP-I 860±10 125 135 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
cBLMD-T-870-HP 875±10 170 180 6.0 8.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
 
物理的仕様

ハウジングの寸法(W× D× H): 190× 110× 31 mm (7.48× 4.33× 1.22インチ)
重さ:950 g

電力仕様

+12 V DC、 2.5 A(最大)

技術文書

PDF技術製品仕様(251 KB)PDF(251 KB)



 

MSシリーズBroadLighters ベンチトップ ブロードバンド光源


SシリーズBroadLighter光源の第2世代であるSuperlum MSシリーズBroadLighters
Superlumの
シングルモード ファイバー結合スーパー ルミネッセント ダイオードモジュール(SLD)に基づく高出力、非常に広いスペクトル、低コヒーレンスAC電源のベンチトップ光源です。
 
特徴

一部のモデルで30 mWを超える非常に高い出力

広い光学スペクトル

短いコヒーレンス長

可変出力

-30 dBのピーク光アイソレーション

光減衰器付きモデル

USBまたはTTLによるリモート制御

広い入力範囲の電源ユニット(100-240 V AC)

2年間の保証
 


アウトプットパワーの変更
 

Superlumは、2つのタイプのMS BroadLighterを提供しています。つまり、可変光減衰器(VOA)を使用する場合と使用しない場合です。前者のモデル番号には、接尾辞「-VA」が付いています。どちらの設計でも、アウトプットパワーは0〜100%の範囲で10%刻みで変更可能です。スペクトル性能は、フル(100%)出力で保証されています。
 


VOAs無しM-S-シリーズ

出力は、SLDスペクトルの形状の変化を伴う、SLDの駆動電流を変化させることによって変更されます。この変化は、ベル型のスペクトルを持つモデルでは重要ではありませんが、複雑なマルチハンプスペクトルを持つモデルでは大きくなる場合があります(以下の例を参照)。

BroadLighter MS-795-GI-15のスペクトル。左–出力レベルでの光スペクトル: 100%(20 mW SMF、黒線); 50%(10 mW SMF、青線); 10%(2 mW SMF、赤い線)。 右–同じが正規化:100%(黒い線); 10%(赤い線)


BroadLighter MS-840-BI-15のスペクトル。左–出力レベルでの光スペクトル: 100%(20 mW SMF、黒線); 50%(10 mW SMF、青線); 10%(2 mW SMF、赤い線)。 右–同じが正規化:100%(黒い線); 10%(赤い線)


VOA付きMS-シリーズBroadLighters
SLD自体は常に100%のパワーを放出します。出力パワーは、SLDモジュールと光アイソレータの後に配置されているブロードバンドVOAの助けを借りて変更されます。これらのBroadLightersでは、出力パワーによる光スペクトルの変化は無視できます(以下の例を参照)。原則として、光源がマルチハンプスペクトルのSLDに基づいている場合、SuperlumはVOAを備えたMSシリーズ光源を提供します。ただし、ベル型のスペクトルを持つVOAおよびSLDを備えたMSシリーズデバイスは、ご要望に応じてご利用いただけます。VOAを備えたMSシリーズ光源は、可変出力であるが安定したスペクトル形状と中心波長を必要とするアプリケーションに推奨されます。

BroadLighter MS-840-BI-15-VAのスペクトル。左–出力レベルでの光スペクトル: 100%(15 mW SMF、黒線); 50%(7.5 mW SMF、青い線); 10%(1.5 mW SMF、赤い線)。 右–同じが正規化:100%(黒い線); 10%(赤い線)

 

光アイソレータ

すべての標準光源には、SLDを光フィードバックから保護するための適切なビルトイン光アイソレーターがあります。

VOAなしの標準モデルの光学特性

標準モデルの主要なパラメーターを以下の表に示します。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。
鐘形のスペクトル–ベル形のスペクトル、マルチハンプドスペクトル–マルチハンプドスペクトル。
 

モデル番号

中心波長(nm)

スペクトル幅、FWHM(nm)

出力電力、SM(mW)

光スペクトルとコヒーレンス関数

 

 

最小

タイプ

最小

タイプ

 

MS-670-GI-4

670±10

6

7

4.0

5.0

 鐘形のスペクトル HTML | PDF(52 KB)

MS-785-BI-15

785±10

40

45

15.0

20.0

 マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(37 KB)

MS-795-GI-15

795±5

13

15

15.0

20.0

 鐘形のスペクトル HTML | PDF(41 KB)

MS-840-BI-7

840±10

45

50

7.0

9.0

 マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(45 KB)

MS-840-BI-15

840±10

45

50

15.0

20.0

 マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(39 KB)

MS-840-GI-20

840±10

20

25

20.0

25.0

 鐘形のスペクトル HTML | PDF(45 KB)

MS-840-GI-30

840±10

20

25

30.0

35.0

 鐘形のスペクトル HTML | PDF(27 KB)

MS-850-GI-20

850±10

15

20

20.0

25.0

 鐘形のスペクトル HTML | PDF(39 KB)

MS-880-GI-10

880±10

30

40

10.0

15.0

 鐘形のスペクトル HTML | PDF(43 KB)

MS-1050-GI-15

1050±10

30

35

15.0

20.0

 鐘形のスペクトル HTML | PDF(39 KB)

MS-1050-BI-10

1050±10

60

70

10.0

15.0

 マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(43 KB)


 

VOAを使用した標準モデルの光学特性

標準モデルの主要なパラメーターを以下の表に示します。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。

鐘形のスペクトル–ベル形のスペクトル、マルチハンプドスペクトル–マルチハンプドスペクトル
 

モデル番号

中心波長(nm)

スペクトル幅、FWHM(nm)

出力電力、SM(mW)

光スペクトルとコヒーレンス関数

 

 

最小

タイプ

最小

タイプ

 

MS-785-BI-15-VA

785±10

40

45

15.0

16.0

 マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(36 KB)

MS-840-BI-15-VA

840±10

45

50

15.0

16.0

 マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(39 KB)

 

物理的仕様
  • 全体寸法(W× H× D): 251× 112× 192 mm (9.88× 4.41× 7.56インチ)
  • 重量(最大):4 kg
電力仕様
  • AC 100-240 V、50/60 Hz、最大40 VA

製品のカスタマイズ機能

Superlumは、製品のカスタマイズサービスを提供しています。MSシリーズの光源の動作特性(出力パワーレベル、中心波長、スペクトル幅など)は、特定の要件に合わせて変更できます。

レーザー安全対策

SuperlumのハイパワーSLDのほとんどは、IEC / EN 60825-1:2014によるとクラス3Bです。すべてのMSシリーズBroadLighter光源には、マスターキーコントロール、リモートインターロック接続、視覚/可聴アラーム、情報警告ステッカーなどが装備されています。

技術文書

PDF技術製品仕様(191 KB)ダウンロードPDF(191 KB)


 

MD、T、QシリーズBroadLighters 拡張帯域ベンチトップ ブロードバンド光源

Superlum MD、T、QシリーズBroadLighterは、D、T、QシリーズBroadLighter光源の第2世代
高出力、超広帯域、低コヒーレンスAC電源のベンチトップ光源です。MシリーズBroadLighterは、スペクトルシフトされたシングルモードファイバー結合スーパールミネッセントダイオードモジュール(SLD)の組み合わせに基づいています。MDシリーズBroadLighterには2つのSLDがあり、MTシリーズBroadLighterには3つのSLDが組み合わされており、MQシリーズデバイスには4つのSLDがあります。最も広いスペクトルのDおよびTバージョンは、最大150〜200 nmの 3 dBスペクトル幅を持ち、Qデバイスは、最大300 nmのスペクトルを提供します。一部のモデルでは、出力が15 mWを超えています。

最も広帯域で費用対効果の高いソリューションを探しているお客様
には、すべてに使用されるdBスペクトル幅ではなく6 dBスペクトル幅によって特徴付けられる
UBBシリーズデバイス(超広帯域)に特別な注意を払うことをお勧めし ます。UBBシリーズは、スペクトルの平坦性は最大4 dBなる場合があります 光源、それらは超高解像度スペクトルドメインOCTを含む多数のアプリケーションで正常に使用できます。設計目標は、SLDの最小数を組み合わせることで、可能な限り広いスペクトル範囲をカバーすることでした。特に、MD-890-UBB-HPには2つのSLDのみが含まれており、組み合わせた場合190 nmの6 dB帯域幅を提供します。

ほとんどのモデルには、光アイソレータを使用する場合と使用しない場合の2つがあります。光アイソレータを備えた強力な(「HP」)モデルのモデル番号には「-I」があり、光フィードバックがSLDのパフォーマンスに影響を与える可能性があるアプリケーションでの使用を目的としています。


 

特徴

選択したモデルで最大300 nmの非常に広い光学スペクトル

数ミクロンのコヒーレンス長

一部のモデル15 mW以上の高出力

光アイソレータを備えたモデル

USBまたはTTLによるリモート制御

広い入力範囲の電源ユニット(100-240 V AC)

2年間の保証

 

MDシリーズBroadLighters:光学性能パラメーター

標準モデルの主要なパラメーターを以下の表に示します。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。

鐘形のスペクトル–ベル形のスペクトル、マルチハンプドスペクトル–マルチハンプドスペクトル
 

モデル番号 中心波長(nm) スペクトル幅、FWHM(nm) 出力電力、SM(mW) 光スペクトルとコヒーレンス関数
    最小 タイプ 最小 タイプ  
MD-810-HP 810±10 90 100 10.0 12.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(51 KB)
MD-840-HP 840±10 90 100 12.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(48 KB)
MD-840-HP-I 840±10 90 100 9.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(46 KB)
MD-880-MP 880±10 190 200 1.0 1.5  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(58 KB)
MD-880-HP 880±10 90 100 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(49 KB)
MD-880-HP-I 880±10 90 100 6.0 8.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(48 KB)
MD-890-HP1 890±10 140 150 5.0 6.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(45 KB)
MD-890-UBB-HP 890±10 180(6 dB) 190(6 dB) 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(37 KB)
MD-980-HP 980±10 180 200 4.0 6.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)

注:モデル番号に「-I」が含まれるモデルには、SLDを光フィードバックから保護するための光アイソレーターが含まれています。アイソレータのないHP定格デバイスの安定した動作と長寿命を確保するために、光フィードバックは-30 dBを超えてはなりません。また、-25 dBを超えるフィードバックは、SLDの永続的な損傷と非常に高速な劣化につながる可能性があることに注意してください。MP定格モデルは、SuperlumのMP定格SLDと同様に、光学フィードバックに敏感です。パワーが高いほど、SLDは光フィードバックに対してより敏感になります。

 

MTおよびMQシリーズBroadLighters:光学性能パラメーター

標準モデルの主要なパラメーターを以下の表に示します。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。

鐘形のスペクトル–ベル形のスペクトル、マルチハンプドスペクトル–マルチハンプドスペクトル

モデル番号 中心波長(nm) スペクトル幅、FWHM(nm) 出力電力、SM(mW) 光スペクトルとコヒーレンス関数
    最小 タイプ 最小 タイプ  
MT-850-MP 850±10 155 165 5.0 6.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(55 KB)
MT-850-HP 850±10 155 165 12.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(47 KB)
MT-850-HP-I 850±10 155 165 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(43 KB)
MT-860-HP 860±10 125 135 12.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
MT-860-HP-I 860±10 125 135 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
MQ-870-HP 870±10 190 200 5.0 7.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(58 KB)
MT-870-HP 875±10 170 180 6.0 7.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
MQ-920-HP 920±10 275 300 3.0 4.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(62 KB)
注:モデル番号に「-I」が含まれるモデルには、SLDを光フィードバックから保護するための光アイソレーターが含まれています。アイソレータのないHP定格デバイスの安定した動作と長寿命を確保するために、光フィードバックは-30 dBを超えてはなりません。また、-25 dBを超えるフィードバックは、SLDの永続的な損傷と非常に高速な劣化につながる可能性があることに注意してください。MP定格モデルは、SuperlumのMP定格SLDと同様に、光学フィードバックに敏感です。パワーが高いほど、SLDは光フィードバックに対してより敏感になります。
 
MTおよびMQシリーズBroadLighters:光学性能パラメーター

標準モデルの主要なパラメーターを以下の表に示します。光スペクトルとコヒーレンス機能は、Webページ(HTML)として表示するか、PDF形式でダウンロードできます。

鐘形のスペクトル–ベル形のスペクトル、マルチハンプドスペクトル–マルチハンプドスペクトル。

モデル番号 中心波長(nm) スペクトル幅、FWHM(nm) 出力電力、SM(mW) 光スペクトルとコヒーレンス関数
    最小 タイプ 最小 タイプ  
MT-850-MP 850±10 155 165 5.0 6.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(55 KB)
MT-850-HP 850±10 155 165 12.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(47 KB)
MT-850-HP-I 850±10 155 165 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(43 KB)
MT-860-HP 860±10 125 135 12.0 15.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
MT-860-HP-I 860±10 125 135 8.0 10.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
MQ-870-HP 870±10 190 200 5.0 7.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(58 KB)
MT-870-HP 875±10 170 180 6.0 7.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(52 KB)
MQ-920-HP 920±10 275 300 3.0 4.0  マルチハンプドスペクトル HTML | PDF(62 KB)

注:モデル番号に「-I」が含まれるモデルには、SLDを光フィードバックから保護するための光アイソレーターが含まれています。アイソレータのないHP定格デバイスの安定した動作と長寿命を確保するために、光フィードバックは-30 dBを超えてはなりません。また、-25 dBを超えるフィードバックは、SLDの永続的な損傷と非常に高速な劣化につながる可能性があることに注意してください。MP定格モデルは、SuperlumのMP定格SLDと同様に、光学フィードバックに敏感です。パワーが高いほど、SLDは光フィードバックに対してより敏感になります。

 

物理的仕様
  • 全体寸法(W× H× D): 251× 112× 192 mm (9.88× 4.41× 7.56インチ)。
  • 重量(最大):4 kg。
電力仕様
  • AC 100-240 V、50/60 Hz、最大40 VA
 
製品のカスタマイズ機能

Superlumは、製品のカスタマイズサービスを提供しています。MD、T、Qシリーズ光源の多くの動作特性は、特定の要件に合わせて変更できます。

レーザー安全対策

MD、T、Q Broadlightersのほとんどは、IEC / EN 60825-1:2014に基づくクラス3Bレーザー製品です。すべてのMD、T、QシリーズBroadLighter光源には、マスターキー制御、リモートインターロック接続、視覚/可聴アラーム、情報警告ステッカーなどが装備されています。
 

技術文書

PDF製品仕様(144 KB)ダウンロードPDF(144 KB)