JUSTY Inc.

光関連装置と部品、研究開発のための装置と部品の販売

LASER and Optical Instruments

  • HOME
  • レーザー
  • シングルモード ファイバー カップル ダイオードレーザー装置 Micro Laser Systems  

シングルモード ファイバー カップル ダイオードレーザー装置 Micro Laser Systems  


Micro laser Systems Inc.

 

Fermion Iシリーズ

シングルモード ファイバー ターンキーシステム
(LIGO重力波検出で使用)

特徴

◉ 405nmから1550nm
◉ シングルモードファイバー
◉ 狭い線幅
◉ 調整可能な出力
◉ 変調またはパルス
◉ 高安定性、低ノイズ
◉ 認定システム

アプリケーション
⦿ 共焦点顕微鏡
⦿ サイトメトリー
⦿ 眼科領域
⦿ 皮膚科学 
⦿ プラズモニクス 
⦿ 粒子解析
⦿ 干渉計
⦿ 通信
⦿ 計測技術

ターンキーファイバー結合レーザーのFermion Iシリーズは、レーザーを簡単かつ便利に使用できるように設計されています。プラグを差し込んでオンにするだけです。追加の電源やヒートシンクは必要ありません。

これらのシステムの出力は、シングルモードファイバーの端から最大200mWです。すべてのレーザーは温度制御されており、高い安定性と低ノイズを実現しています。405nmから1550nmまでの範囲をカバーする離散波長の範囲。

内部では、レーザーはその特定の波長のシングルモードファイバーに結合されます。これにより、空間的にフィルター処理された出力ビームに滑らかなガウスプロファイルが与えられます。レーザーの多くは、単一の縦モードまたは狭いスペクトル線で発振できます。偏波保持ファイバのオプションも利用できます。レーザーは、フロントパネルのノブまたは外部電圧源を使用して、ゼロからフル出力までのCW、変調またはパルスモードで実行できます。長さ1メートルのファイバーパッチコードが含まれています。


ファイバーコリメーターを使用して、ファイバーの出力をコリメートできます。調整可能なフォーカスを備えたさまざまなビームサイズで利用できます。出力は、低い波面誤差で回折が制限されます。ファイバーコリメーターシリーズをご覧ください

他のオプションには、異なるケーブル長、波長結合、ファイバースプリッター、偏光維持ファイバーがあります。

仕様

波長:

400nmから1550nm

出力電力:

調整可能

電源安定性:

<1%

変調:

1MHzまで

内部繊維:

波長またはPMのシングルモード

パネル接続:

FC / APCまたはFC

所要電力:

90-125 VAC、190-250 VAC、47-63 Hz

動作温度:

15-30°C結露しないこと

保管温度:

0〜50°C

コンプライアンス:

CDRH 21 CFR 1040.10認定システムおよびエンドユーザー向けIEC 60825-1.2準拠

すべてのレーザーには、使用波長に合わせて1メートルの取り外し可能なファイバーが付属しています。

モデル番号

波長

出力

FI1 405M-15-TE / FC

405 +/- 5 nm

15mW

FI1 450M-10-TE / FC

450 +/- 10 nm

10mW

FI1 488M-15-TE / FC

488 +/- 3 nm

15mW

FI1 520M-10-TE / FC

520 +/- 10 nm

10mW

FI1 633N-5-TE / APC

633 +/- 1 nm

5mW

FI1 635-35-TE / APC

635 +/- 5nm

35 mW

FI1 638M-60-TE / APC

638 +/- 5 nm

60mW

FI1 786N-240-TE / APC

786 +/- 1 nm

240 mW

FI1 808N-240-TE / APC

808 +/- 1 nm

240 mW

FI1 850N-180-TE / APC

850 +/- 1 nm

180 mW

FI1 976N-250-TE / APC

976 +/- 1 nm

250 mW

FI1 1064N-250-TE / APC

1064 +/- 2 nm

250 mW

安定化波長レーザー

モデル番号

波長

典型的なスペクトル幅

出力

FI!633D-5-TE / APC

633 +/- 1 nm

10 MHz

5mW

FI1 785D-40-TE / APC

786 +/- 1 nm

10 MHz

40 mW

FI1 852D-50-TE / APC

852 +/- 1 nm

10 MHz

50mW

FI1 1064D-50-TE / APC

1064 +/- 1 nm

10 MHz

50mW

FI1 1064D-50-TE / APC

1064 +/- 1 nm

<10 MHz

50mW

FI1 1310D-15-TE / APC

1310 +/- 1 nm

<10 MHz

15mW

FI1 1550D-8-TE / APC

1550 +/- 1 nm

<10 MHz

8mW

FI1 1550D-20-TE / APC

1550 +/- 1 nm

<10 MHz

20mW

FI1 1550D-100-TE / APC

1550- +/- 1 nm

<10 MHz

100 mW

より一般的な波長がリストされています。他の電力レベルまたは波長は特別注文で利用可能です。
アクセサリーには、ファイバーコリメーター、 ファイバースプリッター、光学プローブがあります。

Fermion I Turnkey - pdf
 

Gluon I RGB ダイオード レーザー


特徴
◉ 頑丈なオールファイバーデザイン

◉ 450nm、520nm、640nm
◉ 個別のレーザー制御
◉ 変調
◉ 回折限界
◉ ファイバーコリメーターのオプション

アプリケーション
⦿ フローサイトメトリー
⦿ ディスプレイ
⦿ 蛍光分光法

Gluon I RGB Laserは、オールファイバー設計による堅牢なモジュールです。450nm、520nm、640nmの3波長を1本のファイバーにまとめています。

それぞれのレーザーは、個別にアドレスと変調が可能です。標準的なピグテールの長さは1メートルです。15ピンのコネクターで制御、モニター、電源を供給します。他の可視波長も利用可能です。

また、出力をコリメートするために、回折限界性能を持つRGBファイバーコリメーターも用意しています。
 

波長: Red: Green: Blue:

640nm 520nm 450nm

複合出力:

> 30mW (各レーザー 10mW以上)

変調:

CW to 500kHz

モードコントロール: コンスタントパワー

レーザー コントロール:

それぞれのレーザーを個別にコントロール

電源:

9 V DC, 800mA

サイズ:

6.25” x 7.75” x 2.7”

重さ:

0.063kg (0.141 lb)

その他の波長もあります。赤色:633nm、660nm 青: 488nm バイオレット:405nm
Gluon I - pdf

RGBファイバーコリメーター

特徴
◉ 450nm、520nm、640nmの3波長に対応
◉ 低い波面誤差
◉ リセプタクルスタイルまたはピッグテールスタイルのコリメーター

プリケーション
⦿ ディスプレイ
⦿ スペクトロメーター
⦿ 顕微鏡

このファイバーコリメーターは、赤、緑、青の各波長を同時に歪みなく伝送できるように設計されています。

一般的な市販のアクロマートは球面収差が激しく、ビームがぼやけたり歪んだりします。このファイバーコリメーターは、球面収差を補正するために特別に設計されたものです。

5mmの開口部から2mm径のビームを出力します。コリメーターにはFCまたはFC/APCのレセプタクルがあり、ピッグテールタイプも用意されています。ハウジング本体はステンレス製です。

 

波長範囲:

450-700 nm

アパーチャーサイズ:

5 mm

ビームサイズ:

2 mm

ハウジング:

ステンレス



 

Model #

Description

GL1-RGB-FC

450nm+520nm+640nmを1本のシングルモードファイバ

FCX5-RGB-FC

RGB コリメーター 400~700nmに対応したファイバーコリメーターです。
回折限界の2mmのビームが得られます。FCレセプタクル。

FCX5-RGB-APC

RGB コリメーター 400~700nmに対応したファイバーコリメーターです。
回折限界の2mmのビームが得られます。FC/APC セプタクル。
FC5R-1.0 FC5 のための1インチ光学マウント用リングアダプター

RGB Fiber Collimator - pdf

 

ファイバーコリメーターリンクします。